ポリシー

個人情報保護方針

個人情報の保護方針

株式会社 State Art(以下、弊社) は、保有する個人情報を適切に保護するために、個人情報の取り扱いに関して次のような姿勢で行動しています。

個人情報の収集

個人情報の収集については事業の範囲内で収集目的を明確に定め、適法かつ公正な手段によって、その目的の達成に必要な限度においてこれを行うものとします。 また、サイトの最適化による事業円滑の向上を目的としたトラフィックデータの収集のため、当サイトでは cookie の使用をしています。

個人情報の利用および提供

個人情報の利用および提供について、次の場合を除き情報主体が明確に認識し、または同意を与えた収集目的の範囲内で行うものとします。

・法令の規定による場合
・情報主体または公衆の生命、健康、財産などの重大な利益を保護するために必要な場合

個人情報の管理

個人情報を利用目的に応じ必要な範囲内において、 正確かつ最新の状態で管理し、個人情報への不当なアクセスまたは個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏洩等個人情報に関するリスクに対して、 技術面および組織面において合理的な安全対策を講じます。

個人情報に関する法令およびその他規範の遵守

個人情報の取扱いに関する法令等を遵守するとともに、業務に従事するものに法令等を遵守させるための教育訓練、内部規程の整備、 安全対策の実施ならびに周知徹底等の措置を実施します。

個人情報保護規程の継続的改善

適切な個人情報の保護を維持するため、個人情報保護規程を策定し、これを従業員その他関係者に周知徹底させ、継続的に見直しおよび改善を行います。

個人情報の取扱いについて

株式会社 State Art(以下、弊社) は、保有する個人情報を適切に保護するために、個人情報の取り扱いに関して次のような姿勢で行動しています。

個人情報の利用目的

個人情報をご提供いただく場合、以下に定める目的のため収集し、利用いたします。

・研究・開発業務を目的での利用
・遺伝子解析業務を行う目的での利用
・その他、個別に承諾を得た場合にその承諾を得た目的での利用

第三者への提供

ご本人の承諾無しに個人情報を第三者に提供することは原則としていたしません。 ただし、利用目的を限定するとともに個人情報の保護が十分に図られていることを確認し、個人情報の保護に関する契約を締結したうえで、 必要に応じて業務委託先に対して個人情報を提供することがあります。その場合は、業務委託先への監査を実施する等の適切な措置を講じます。 その場合の個人情報の管理責任につきましては、弊法人の個人情報の保護管理責任者が負うこととします。

安全対策

個人情報の保護管理責任者を置き、個人情報に関する法令およびその他の規範の遵守徹底に努めます。

個人情報の開示、訂正、削除について

個人情報の開示、訂正、削除についてのご要望を受けた場合、可能な範囲で対応いたします。 ご要望の際には、「お問い合わせ」までご連絡ください。

倫理審査委員会について

倫理審査委員会規定

第1条[目的]

本規定は、株式会社 State Art(以下「当社」という)が、ヒトゲノム・遺伝子解析研究及び遺伝子治療等臨床研究に関連するガイドライン ・倫理指針に基づき設置する倫理審査委員会(以下「委員会」という)の運営等に関し必要な事項を定め、倫理面等について審議・評価することを目的とする。

第2条[対象範囲]

当社が実施する遺伝子解析研究、創薬研究及びこれらの受託業務を対象とする。

第3条[委員会の構成]

1.本委員会の委員(以下「委員」という)の総数は特に定めないが、5名以上が望ましい。
2.倫理・法律を含む人文・社会科学面の有識者、自然科学面の有識者、一般の立場の者から構成する。
3.委員はそれぞれ他の立場を同時に兼ねることはできない。
4.男女両性で構成する。

第4条[選任]

1.委員は、当社の代表取締役社長が委嘱する。
2.委員長は、委員の互選により定める。
3.副委員長は、委員長が選任する。

第5条[任期]

委員の任期は2年とし、再任を妨げない。

第6条[開催及び招集]

委員会は、当社代表取締役社長から諮問があった時及び委員長が必要と認めた時に委員長が招集する。

第7条[会議の成立要件]

1.委員会は、委員の過半数の出席をもって成立する。
2.人文・社会科学面の有識者又は一般の立場の委員が1名以上出席しなければならない。

第8条[関係者の出席]

委員会の求めに応じて、当社代表取締役社長、審査対象となる研究の研究責任者及び研究担当者は、会議に出席し、説明することができる。

第9条[議決及び審査]

1.審査等の判定は出席委員全員の合意とする。但し、委員長が必要と判断した場合は投票により過半数の合意とする。
2.研究計画の軽微な変更や急を要する審査の場合、委員長があらかじめ指名した委員による迅速審査手続を設けることができる。迅速審査の結果については、 その審査を行った委員以外の全ての委員又は委員会に報告されなければならない。

第10条[判定]

判定は次の各号に掲げる表示により行い、その判定に至った理由及び審議経過を併記する。

i.承認
ii.条件付き承認
iii.継続審議
iv.不承認
v.非該当

第11条[議事録等]

1.委員会の審議経過及びその結果については議事録を作成し、当社において5年間保存することとする。

2.議事録には次の事項を記載する

i.出席委員の氏名
ii. ii.申請議題
iii.議事の経過の概要
iv.判定及びそれに付随する条件

3.委員会の組織、規程及び議事録は原則として公開する。ただし、提供者等の人権、研究の独創性、 知的財産権の保護、競争上の地位の保全に支障が生じるおそれのある場合は、委員会の決定により非公開とする。 この場合は、非公開とする理由を公開することとする。

第12条[守秘義務]

委員は、審議を行う上で知り得た情報を法令または裁判所の命令に基づく場合等、正当な理由なしに第三者に開示してはならない。 その業務に従事しなくなった後も同様とする。

第13条[改廃]

本規程の改正及び廃止は、取締役会の決議を要する。ただし、軽微な修正及び付則の削除についてはこの限りではない。

[附則

本規程は2015年11月17日から施行する。

情報セキュリティ基本方針

情報セキュリティ基本方針

株式会社 State Art(以下、当社)は、当社のすべての組織と業務に関わる情報資産を事故・災害・犯罪などの脅威から守り、関係者だけでなく社会の信頼に応えるべく、 以下の方針に基づき、全社で情報セキュリティに取り組みます。

1.経営者の責任

当社は、経営者主導で組織的かつ継続的に情報セキュリティの改善・向上に努めます。

2.社内体制の整備

当社は、情報セキュリティの維持及び改善のために必要な管理体制を整備し、情報セキュリティ対策を社内の正式な規則として定めます。

3.従業員の取組み

当社の従業員は、情報セキュリティのために必要とされる知識、技術を習得し、情報セキュリティへの取り組みを確かなものにします。

4.法令及び契約上の要求事項の遵守

当社は、情報セキュリティに関わる法令、規制、規範、契約上の義務を遵守するとともに、お客様の期待に応えます。

5.違反及び事故への対応

当社は、情報セキュリティに関わる法令違反、契約違反及び事故が発生した場合には適切に対処し、再発防止に努めます。

2020年10月1日
株式会社 State Art
代表取締役社長 石川 貴大